ユンケルの歴史Chapter4|疲れや風邪を引いた時の栄養ドリンク|ユンケル|佐藤製薬

ユンケル

sato

疲れや風邪を引いた時の栄養ドリンク|ユンケル|佐藤製薬 > ユンケルの歴史Chapter4

ユンケルの歴史

ユンケルの開発秘話や“空前の大ヒット商品”となった経緯など、ユンケルの歴史をご紹介します。

世界中にユンケルパワーを!

五代目キャラクター:イチロー選手

ユンケルの顔がタモリからイチローへ

2002年1月、イチロー選手を起用した初めてのユンケルCMがオンエアされ、業界とお茶の間に衝撃を与えました。働き盛りの中高年をターゲットにしてきたタモリCMからイメージを一新したイチローCMは、スポーツシーンの向こうに若者、女性、子供、さらに海外市場も見据えたものでした。その後、輝かしい記録を達成しつづけるイチローとともに、今まで以上に幅広いユーザー層へ認知を広げたユンケル。2002年には、トップアスリートとしてのイチロー選手をイメージした『プレミアムシリーズ』が誕生し、“がんばる前に飲む”イチロー流のユンケルスタイルが好評を博しました。


進化するグローバルブランドへ

ユンケル誕生から48年。滋養強壮ドリンクという新しいカテゴリーを開拓したユンケルは、世界をめざす新たなステージを迎えました。その口火を切ったのが、2004年秋に登場した統一処方の海外向けユンケルです。これは、より本格的な処方を求める海外からの声に応えたもので、処方のベースは日本で最も売れている「ユンケル黄帝液」。他に類を見ない独自性の高さを世界市場にアピールする一方、国内市場においては“疲れのタイプ”にフォーカスした『ユンケルターゲットシリ―ズ』が登場(2008年)。国内外を問わず複雑化・多様化する疲れのニーズに即応し、ユンケルは世界中のすべてのお客様にフィットする1本をめざして進化をつづけています。


年表
2002年(平成14)
1月
イチローのユンケルCM初放映!
2月
「プレミアムシリーズ」発売
9月
ユンケル、タイでデビュー
2004年(平成16)
 
新処方のユンケルシリーズ登場
2008年(平成20)
 
「ユンケルターゲットシリーズ」登場
2009年(平成21)
4月
ユンケルから初となるアルミ缶ボトルの「ユンケルローヤルS」発売
2010年(平成22)
3月
アルミ缶ボトル第2弾「ユンケルローヤルチャージ」発売
11月
ターゲットシリーズとして「ユンケル黄帝L40DCF」発売
2015年(平成27)
 
カフェインフリーの「スパークユンケルDCF」発売
 
プレミアムエフェクト処方の「ユンケル黄帝液プレミアム」発売

スタイリッシュなパッケージでも話題になった
プレミアムシリーズ

※現在はユンケル黄帝D、ユンケルロイヤル黄帝、ユンケルファンティの3種で販売しています。

「疲れのタイプ」にフォーカスした
ターゲットシリーズ

※現在はユンケル黄帝-L、ユンケル黄帝ロイヤル2、ユンケル黄帝L40DCFの3種で販売しています。


▲ユンケルの歴史Chapter4|先頭へ戻る

ユンケル公式ページ facebookTwitterでシェアFacebookでシェアGoogle+でシェア

疲れや風邪を引いた時の
栄養ドリンク|ユンケル(佐藤製薬)
TOPへ
ユンケルシリーズ製品一覧
TVCM/スペシャルムービー
「疲れ」について考える
ユンケルのこだわり/効果の理由
ユンケルを選ぶ
イチロー選手の活躍と軌跡
ユンケルの生薬
ユンケルの歴史
教えてユンケル