ユンケル

ユンケルの歴史

ユンケルの開発秘話や“空前の大ヒット製品”となった経緯など、
ユンケルの歴史をご紹介します。

1956年(昭和31)
「ユンケル」発売(錠剤タイプ)

ユンケル誕生

ユンケルが誕生したのは、あの石原裕次郎がデビューした昭和31年。「強くなるクスリ」というキャッチコピーで登場したユンケルは“働き盛り”を応援する新発想のクスリでした。

詳しく見る

「働き盛りをグンとのばす」

当時のユンケルは、中年期以後の健康保持や老衰現象をターゲットにした総合保健剤として発売されていました。

最初のユンケルは錠剤タイプ

「ユンケル」が初めて登場したのは、日本が高度経済成長へと急進し始めた、昭和31年のこと。ホルモン、ビタミン、ミネラルなどを配合した強壮剤「ユンケル」は、まさに時代を先取りする新発想でした。当初は缶入りの錠剤タイプで、その用法は2種類の錠剤をペアで服用するというもの。"強くなる薬"をキャッチコピーに中老年期の総合保健剤として売り出しましたが、映画の入場料125円、コーヒー1杯50円だった当時、60錠700円の「ユンケル」はやはり高価な薬というイメージがありました。メーカーの顔となる主力製品を模索していた当社は、このユンケルにさらなる効き目と即効性を求め、生薬配合の液剤研究に力を注いでいきました。

  • ユンケルユンケル
  • ユンケルスーパー内服液ユンケル
    スーパー内服液
  • ユンケルローヤルユンケルローヤル
1959年(昭和34)
「ユンケルスーパー内服液」発売
1960年(昭和35)
「ユンケルローヤル」発売
1961年(昭和36)
「ユンケルローヤルカプセル」発売
    
1962年(昭和37)
「ユンケルクーゲ」発売
1967年(昭和42)
「ユンケル黄帝液」発売

知る人ぞ知る秘薬

「ユンケル黄帝液」がベールを脱いだのは昭和42年。生薬の特性を活かした滋養強壮ドリンクは芸能・マスコミ界から火がつき、昭和54年以降のテレビCMによってユーザーのすそ野を広げていきました。

1977年(昭和52)
「ユンケル黄帝ゴールド」発売
1979年(昭和54)
初のユンケルCM放映(ガッツ石松出演)

プロボクシング元世界チャンピオンの疲労回復ドリンクとしてPR。あのユニークなキャラはまだ封印されていました。

詳しく見る

初代CMキャラクター:
ガッツ石松(昭和54年〜)

プロボクシング元世界チャンピオンの疲労回復ドリンクとしてPR。あのユニークキャラはまだ封印されていました。

錠剤から液剤へ

ユンケルの誕生から11年後の昭和42年10月、当社は生薬の特性を生かした滋養強壮ドリンク「ユンケル黄帝液」を送り出し、生活改善薬の有用性を世に問いました。満を持してデビューした「ユンケル黄帝液」は、その独創的なコンセプトで会員店の評判になり、“知る人ぞ知る 男の秘薬”として一部の固定ファンを獲得。強壮剤のイメージが強かったことから大ヒットには至りませんでしたが、斬新なネーミングによってユンケルの知名度は格段にアップし、次なるステージへの基礎を築きました。この当時、ユンケルが注射液のようなアンプル形式で販売されていたことをご存知でしょうか?ユンケルフリークの人たちはこれをパキンと割って飲むスタイルにも独特なダンディズムを感じていたとか…。そうした熱烈なファンの人々、そして会員店の努力によってミニドリンク市場No.1ブランド「ユンケル黄帝液」の礎は築かれたのです。

芸能界での口コミで広がる

強精強壮剤として着実にファンを増やした「ユンケル黄帝液」は、その後、芸能界の人々の間で話題となります。そして噂は業界人ばかりでなく作家、漫画家、編集者の知るところとなり、「疲れたらユンケル」が合い言葉のように使われ始めました。やがて初のシリーズ製品「ユンケル黄帝ゴールド」(昭和52年)が発売される頃になると、ユンケルは週刊誌やテレビでも取り上げられるほどの注目ドリンクに。さらにガッツ石松、山城新伍を起用したCM効果によって、ユンケルはスポーツマンやサラリーマンにも飲まれるようになっていったのです。

  • ユンケル黄帝液(アンプル)ユンケル黄帝液
    (アンプル)
  • ユンケル黄帝液ゴールド(アンプル)ユンケル黄帝液
    ゴールド
    (アンプル)
1980年(昭和55)
「ユンケルD」発売
山城新伍出演のCM放映
1982年(昭和57)
アンプルから瓶に切り替え
1984年(昭和59)
「ユンケル黄帝L」発売
「ユンケル黄帝ロイヤル」発売
藤村俊二&高瀬春奈出演のCM放映
1985年(昭和60)
タモリ出演のCM放映

国民的な疲労回復ドリンクへ

Mr.ユンケルこと「タモリ」がCMに登場。数々のユニークCMとラインアップの充実で、ユンケルはたちまちミニドリンク市場No.1ブランドへ。平成11年には、コンビニエンスストアにも登場。

詳しく見る

四代目CMキャラクター:
Mr.ユンケルことタモリ(昭和60年〜)

数々のユニーク作品を送り出し、ユンケルをメジャーブランドへと押し上げた立役者。

タモリ起用で爆発的ヒット

「ユンケル黄帝液」大ヒットの立て役者といえば、"Mr.ユンケル"ことタモリです。以前からユンケルファンだった彼は、当時のテレビ番組の中で"ユンケル黄帝液による風邪治し体験談"を披露。これがきっかけとなってユンケルCMのキャラクターとなり、昭和60年、記念すべきタモリCM第一作が放映されました。「疲れがタモレば、ユンケルだ」の名セリフで注目を集めた第一作に続き、タモリCMは以後16年間にわたって毎回ユニークなストーリーで話題を集めました。これによってイメージを一新したユンケルは、女性や学生など新規ユーザーを数多く獲得し、空前の大ヒット製品となったのです。

科学的に検証されたユンケル効果

1980〜90年代、当社は海外に市場を拡げる一方、国内では自社製品の開発に力を注いでいました。この間、ユンケルはタモリCM(1985年より)の効果でミニドリンクNo.1の地位を獲得しましたが、日本がバブル経済の絶頂期を迎える頃になると、市場にはライバルとなる他社製品が続々と登場。そうした中、1994年に品川研究開発センターを設立した当社は、生薬それぞれの薬理効果を科学的に検証することによって組み合わせのバリエーションを増やしました。こうしてユンケルは、現代人が抱えるさまざまな疲れに対応できるシリーズへと進化していったのです。

ユンケルローヤルシリーズユンケル
ローヤルシリーズ
1987年(昭和62)
「スパークユンケル」発売
1989年(平成1)
「ユンケルファンティー」発売
1993年(平成5)
「ユンケルハーバル黄帝液」発売
1994年(平成6)
「ユンケル黄帝液40」発売
「ヒューゴユンケル」発売
1995年(平成7)
「ユンケルジュニア」発売
1996年(平成8)
「ユンケルスター」発売
「ユンケル黄帝液DCF」発売
1998年(平成10)
「ユンケル黄帝L40」発売
1999年(平成11)
コンビニエンスストア向け「ユンケルローヤルシリーズ」発売
2000年(昭和12)
「ファンテユンケル3Bドリンク」発売
2002年(平成14)
イチロー出演のCM放映
「ユンケルプレミアムシリーズ」発売

世界中にユンケルパワーを!

21世紀が幕を明け、ユンケルのCMキャラクターもイチローへ世代交代。生薬の効果を科学的に証明したユンケルシリーズは、海を越えて世界のさまざまな人に愛されるようになりました。

詳しく見る

五代目CMキャラクター:
イチロー(平成14年〜)

ユンケルの顔がタモリからイチローへ

2002年1月、イチローを起用した初めてのユンケルCMがオンエアされ、業界とお茶の間に衝撃を与えました。働き盛りの中高年をターゲットにしてきたタモリCMからイメージを一新したイチローCMは、スポーツシーンの向こうに若者、女性、子供、さらに海外市場も見据えたものでした。その後、輝かしい記録を達成しつづけるイチローとともに、今まで以上に幅広いユーザー層へ認知を広げたユンケル。2002年には、トップアスリートとしてのイチローをイメージした『プレミアムシリーズ』が誕生し、“がんばる前に飲む”イチロー流のユンケルスタイルが好評を博しました。

進化するグローバルブランドへ

ユンケル誕生から48年。滋養強壮ドリンクという新しいカテゴリーを開拓したユンケルは、世界をめざす新たなステージを迎えました。その口火を切ったのが、2004年秋に登場した統一処方の海外向けユンケルです。これは、より本格的な処方を求める海外からの声に応えたもので、処方のベースは日本で最も売れている「ユンケル黄帝液」。他に類を見ない独自性の高さを世界市場にアピールする一方、国内市場においては“疲れのタイプ”にフォーカスした『ユンケルターゲットシリ―ズ』が登場(2008年)。国内外を問わず複雑化・多様化する疲れのニーズに即応し、ユンケルは世界中のすべてのお客様にフィットする1本をめざして進化をつづけています。

スタイリッシュなパッケージでも話題になったプレミアムシリーズ

現在はユンケルロイヤル黄帝、ユンケルファンティの2種で販売しています。

「疲れのタイプ」にフォーカスしたターゲットシリーズ

現在はユンケル黄帝ロイヤル2、ユンケル黄帝L40DCFの2種で販売しています。

2008年(平成20)
「ユンケルターゲットシリーズ」発売
2009年(平成21)
「ユンケルローヤルS」発売
2010年(平成22)
「ユンケル黄帝L40DCF」発売
2011年(平成23)
「ユンケルローヤル200」発売
「ユンケル滋養液ゴールドα」発売
2015年(平成27)
「スパークユンケルDCF」発売
「ユンケルスーパー黄帝液Ⅱα」発売
「ユンケル黄帝液プレミアム」発売
2018年(平成30)
「スパークユンケルDX」発売
イチローと浅田真央共演のCM放映