疲れや風邪を引いた時の栄養ドリンク

疲れや風邪を引いた時の栄養ドリンク|ユンケル|佐藤製薬 > ユンケルとイチロー選手のあゆみ(2004年)

ユンケルとイチロー選手のあゆみ(2004年)

イチロー選手の活躍や最新トピックス、プロモーションなどをご紹介します。

ユンケルCMアーカイブ 〜2004年〜

『登場』篇 『球より速く』篇 『壁よあり高く』篇 『壁よあり高く』篇

2004年のトピックス

シーズン最多安打記録更新。驚異の262安打

 4月は.255と例年同様低調なスタートとなったイチローだが、5月は自身2度目となる月間50安打を記録、21日には日米通算2000安打を放つなど月間打率.400、シーズン打率も.335と一気に上昇。 もはや常連となったオールスターにも、投票による選出で4年連続出場を果たした。

 過去2年、オールスター後は調子を落としたのだが、このシーズン、イチローの勢いは止まらないどころか加速する。7月、2試合連続4安打、1試合5安打を放つなど、月間51安打。シーズン2度の月間50本安打達成は、ジョー・メドウィック以来68年ぶりの快挙。さらに8月3日にアメリカンリーグ首位打者に浮上すると、26日には本塁打で自身最速で年間200安打を達成。

 「月50安打は年間200安打よりもはるかに難しい」と語ったイチローだったが、結局この月、球団記録であるアレックス・ロドリゲスの月間54本安打を更新し、66年ぶりにジェフ・ヒースの月間56本安打のタイ記録に並んだ。シーズン3度目の月間50本安打は史上初の快挙であった。

 シーズン終盤、84年間破られることのなかったMLB歴代シーズン最多安打記録、ジョージ・シスラーの257安打をイチローが上回るかどうかに注目が集まった。ついに10月1日、本拠地テキサス・レンジャーズ戦で新記録258安打を達成。最終的に262安打を記録し、打率.372でMLBでは3年ぶり2度目となる首位打者に輝くなど、まさに記録ずくめのシーズンとなった。

 MLBは『USAトゥデイ』紙に全面広告を掲載し祝福の意を表した。史上8人目となるコミッショナー特別表彰を受け、アメリカ野球殿堂には特別ブースが用意された。日本からは正力松太郎賞特別賞が授与され、2度目の国民栄誉賞授与も打診された(2度とも辞退)。「打撃の神様」の愛称で知られる川上哲治をして「精神的にも技術的にも、『野球の神様』と言えば彼じゃないかと思う」と言わしめた。

2004年の成績・記録

安打の内訳
試合数161
打席762
打数704
得点101
安打262
二塁打24
三塁打5
本塁打8
塁打320
打点60
盗塁36
盗塁死11
犠打2
犠飛3
四球49
敬遠19
死球4
三振63
併殺打6
打率.372
出塁率.414
長打率.455
OPS.869
主なタイトル

アメリカンリーグ首位打者 年間最多安打(両リーグ共通)

主な賞

アメリカンリーグゴールドグラブ


TOPへ
製品一覧
ユンケルを選ぶ
TVCM/スペシャルムービー
 
ユンケルのこだわり/効果の理由
ユンケルの生薬
ユンケルの歴史
 
頑張る人へのエール
イチロー選手の活躍と軌跡
教えてユンケル Q&A

ユンケル公式ページ facebookTwitterでシェアFacebookでシェアGoogle+でシェア