疲れや風邪を引いた時の栄養ドリンク

疲れや風邪を引いた時の栄養ドリンク|ユンケル|佐藤製薬 > ユンケルとイチロー選手のあゆみ(2006年)

ユンケルとイチロー選手のあゆみ(2006年)

イチロー選手の活躍や最新トピックス、プロモーションなどをご紹介します。

ユンケルCMアーカイブ 〜2006年〜

『西部』篇 『エンジン』篇 『サバンナ』篇 『インパクト』篇

2006年のトピックス

WBC制覇の栄光とキャリア最大の不振

 3月、第1回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に日本代表として出場、優勝に貢献。「みんなで喜ぶことのすばらしさが、ここ何年かで僕の中で失われていた。ぜひともシアトル・マリナーズのユニフォームを着てそれをしたい」と、あらたに日本から城島健司も新加入したチームにおける勝利への想いを口にした。

 5月7日、MLB通算200盗塁を達成、翌8日には日米通算400盗塁を達成した。24日には安打数リーグトップに立つなど、5月30日から6月21日まで20試合連続安打を記録するなど、月間打率は5月.371、6月.386とエンジン全開。6月7日、日米通算2500本安打を達成。6年連続出場となったオールスターを前に、リーグ3位の.343で前半を折り返した。

 後半戦に入り、8月16日にロジャース・ホーンスビーが持つ連続6シーズン最多安打1296本を超え、29日には6年目ではMLB最速となる通算400マルチヒットを928試合目で達成。しかし、この8月イチローの月間打率は自己ワーストの.233と失速した。7月26日時点では首位から3ゲーム差で健闘していたチームの成績も、イチローの打率とともに急降下、優勝争いから後退した。

 9月7日に日米通算800マルチヒットも達成。9日にはジョージ・シスラーが持つ6シーズン最多安打1317安打を超え、16日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦でMLB史上3人目となる6年連続200安打を達成(デビューからの6年連続200安打は史上初)。この試合で三盗を成功させたことで33連続盗塁成功となり、アメリカンリーグ新記録も達成した。その一方で26日の試合に欠場、球団記録となっていた連続試合出場は396でストップした。

 最終的にリーグ最多の224安打、打率もリーグ6位の.322という成績は残したものの、8月の不振を振り返り、「あんなに野球が難しいのか、こんなにしんどいのかと何度も思った」と語るほど苦しいシーズンとなった。

2006年の成績・記録

安打の内訳
試合数161
打席752
打数695
得点110
安打224
二塁打20
三塁打9
本塁打9
塁打289
打点49
盗塁45
盗塁死2
犠打1
犠飛2
四球49
敬遠16
死球5
三振71
併殺打2
打率.322
出塁率.370
長打率.416
OPS.786
主なタイトル

年間最多安打(両リーグ共通)

主な賞

アメリカンリーグゴールドグラブ


TOPへ
製品一覧
ユンケルを選ぶ
TVCM/スペシャルムービー
 
ユンケルのこだわり/効果の理由
ユンケルの生薬
ユンケルの歴史
 
頑張る人へのエール
イチロー選手の活躍と軌跡
教えてユンケル Q&A

ユンケル公式ページ facebookTwitterでシェアFacebookでシェアGoogle+でシェア