疲れや風邪を引いた時の栄養ドリンク

疲れや風邪を引いた時の栄養ドリンク|ユンケル|佐藤製薬 > ユンケルとイチロー選手のあゆみ(2007年)

ユンケルとイチロー選手のあゆみ(2007年)

イチロー選手の活躍や最新トピックス、プロモーションなどをご紹介します。

ユンケルCMアーカイブ 〜2007年〜

『』篇 『』篇 『』篇 『』篇

2007年のトピックス

史上初の快挙でオールスターMVP

 開幕早々注目を集めたのは、この年ボストン・レッドソックスに加入した松坂大輔との対決だ。日本が誇る投打のスター対決が、MLBに舞台を移し再び幕を開けた。初対決は4打数0安打1三振と松坂に軍配が上がったが、「僕の奥底に眠っているものを沸き起こしてほしい」と語ったように、イチローは松坂との対決を喜び歓迎した。

 5月3日、41連続盗塁成功を達成して、シーズンをまたいでのアメリカンリーグ連続盗塁成功記録を更新すると、さらに45まで伸ばしたイチロー。4月を打率.305で終え、まずまずのスタートを切った後も、5月.357、6月.427という月間打率を記録、調子は上昇の一途をたどった。

 迎えた7月11日、7年連続で出場を果たしたオールスターゲームで大記録を達成してみせる。1、2打席目で安打を放つと、5回表の第3打席、サンディエゴ・パドレスのクリス・ヤング投手からオールスター史上初、自身の野球人生でも初と語るランニング本塁打を放った。この試合、イチローはランニング本塁打を含む3打数3安打2打点を記録し、見事MVPを受賞した。

 8月17日、19世紀以降最多となるジェシー・バーケットが持つ連続7シーズン最多安打1526本安打を抜くと、9月3日ニューヨーク・ヤンキース戦でロジャー・クレメンス投手から本塁打を放ち、史上3人目となる7年連続200安打を達成。リーグ最多の238安打を放ち、マグリオ・オルドニエス(デトロイト・タイガース)との激しい首位打者争いには敗れこそしたが、リーグ2位の打率.351を記録。リーグ9位の出塁率.396に加え、リーグ2位(125打席以上)の得点圏打率.397、リーグ1位の二死得点圏打率.431、満塁では13打数8安打、打率.615という驚異的な勝負強さを発揮するなどシルバースラッガー賞を受賞。シーズン通してはじめてセンターを守ったイチローだが、デビュー以来7年連続となるゴールドグラブ賞も受賞し、2001年以来2度目となるダブル受賞となった。

2007年の成績・記録

安打の内訳
試合数161
打席736
打数678
得点111
安打238
二塁打22
三塁打7
本塁打6
塁打292
打点68
盗塁37
盗塁死8
犠打4
犠飛2
四球49
敬遠13
死球3
三振77
併殺打7
打率.351
出塁率.396
長打率.431
OPS.827
主なタイトル

年間最多安打(両リーグ共通)

主な賞

アメリカンリーグゴールドグラブ アメリカンリーグシルバースラッガー オールスターMVP


TOPへ
製品一覧
ユンケルを選ぶ
TVCM/スペシャルムービー
 
ユンケルのこだわり/効果の理由
ユンケルの生薬
ユンケルの歴史
 
頑張る人へのエール
イチロー選手の活躍と軌跡
教えてユンケル Q&A

ユンケル公式ページ facebookTwitterでシェアFacebookでシェアGoogle+でシェア