ユンケルとイチロー選手のあゆみ(2005年)|疲れや風邪を引いた時の栄養ドリンク|ユンケル|佐藤製薬

ユンケル

sato

疲れや風邪を引いた時の栄養ドリンク|ユンケル|佐藤製薬 > ユンケルとイチロー選手のあゆみ(2005年)

ユンケルとイチロー選手のあゆみ(2005年)

イチロー選手の活躍や最新トピックス、プロモーションなどをご紹介します。

ユンケルCMアーカイブ 〜2005年〜

『記者会見』篇 『ボール絵文字』篇 『セーフコ看板』篇 『マジックハンド』篇

2005年のトピックス

1000安打達成も打撃に苦しむイチロー

 新記録ラッシュに沸いた前シーズンの結果を受け、開幕前には「打率4割」達成なるかが大きな話題となっていた。イチローも「4割は160試合に近づいてこないと壁になってこない」と語るなど、自他ともに記録達成の可能性に期待を高めて迎えた開幕だった。

 スロースターターのイチローが、4月から.356と好スタートを切り、シーズンの記録にますます期待は深まる。6月14日には日本人選手初となるMLB通算1000本安打を達成。達成を前に足踏みし史上最速での到達は逃したものの、出場696試合での到達は1900年以降3番目のスピード記録となった。

 しかし例年とは逆に、5月、6月と不振を極めたイチロー。前半戦終了時点での打率.311はMLB5年目にして最低。「これで満足していたら、野球辞めますから」と語ったように、自身決して満足のいく成績ではなかった。

 オールスター後もなかなか調子が上がらない。7月30日にはMLBデビュー5年で1059安打の最多安打記録を作ったものの、3安打以上の固め打ちは少なく、打率は3割ラインを推移。7月31日から8月5日まで、MLB初となる5試合連続無安打も記録するなど苦しみに苦しんだ。こうした無安打記録が話題になるのも、安打製造機イチローならではのことだと言えよう。

 9月30日、史上初となるデビューから5年連続200本安打も記録したが、到達したのは実に160試合目。苦しんだ一方で、MLBでは自己最多となるシーズン15本塁打を記録した。ちなみに、5シーズン連続での200安打100得点30盗塁はMLB史上初の快挙。

 イチローは、リーグ11位の打率.303と苦しんだシーズンを振り返り「今回思ったのは、僕は本当にヒットが打ちたいという選手なんだということ。200さえ打てたら3割なんてどうだっていいと思った」とあらためて安打数へのこだわりを言葉にした。

2005年の成績・記録

安打の内訳
試合数162
打席739
打数679
得点111
安打206
二塁打21
三塁打12
本塁打15
塁打296
打点68
盗塁33
盗塁死8
犠打2
犠飛6
四球48
敬遠23
死球4
三振66
併殺打5
打率.303
出塁率.350
長打率.436
OPS.786
主な賞

アメリカンリーグゴールドグラブ


▲ユンケルとイチロー選手のあゆみ(2005年)|先頭へ戻る

ユンケル公式ページ facebookTwitterでシェアFacebookでシェアGoogle+でシェア

疲れや風邪を引いた時の
栄養ドリンク|ユンケル(佐藤製薬)
TOPへ
ユンケルシリーズ製品一覧
TVCM/スペシャルムービー
「疲れ」について考える
ユンケルのこだわり/効果の理由
ユンケルを選ぶ
イチロー選手の活躍と軌跡
ユンケルの生薬
ユンケルの歴史
教えてユンケル