ユンケル

植物性生薬

動物性生薬

菌類性生薬

ローヤルゼリー

動物性

ローヤルゼリー

若い働きバチが花の蜜や花粉を食べた後に頭部の咽頭腺から出す分泌物。特異なにおいがし、発酵食品のような甘酸っぱい味がする。乳白色〜淡黄色の粘り気があって密度の濃い液体または粉末。女王バチの食料となるため、ビタミン・ミネラルをはじめ、様々な有効成分が豊富に含まれている。

学名
APILAC
日本名
ローヤルゼリー
主な産地
中国、台湾、日本、ニュージーランド、ブラジル
基原
ミツバチの咽頭腺から出る分泌物
用 途
新陳代謝促進、血流増加
食欲不振、虚弱体質
更年期障害

出典: 原薬要覧(1993年版)〈松浦薬業株式会社〉

起 源
ローヤルゼリーは若い働きバチが花の蜜や花粉を食べた後に頭部の咽頭腺から出す分泌物。酸味のある乳白色のクリーム状の物質で、王乳ともいわれ、女王バチの食糧となるもの。ハチミツとは生成の過程も成分も全く異なり、ローヤルゼリーにはビタミンやミネラルをはじめ、さまざまな有効成分が豊富に含まれている。
薬 効
新陳代謝促進、血流増加、滋養強壮、食欲増進、栄養補充、疲労回復、抵抗力強化、更年期障害の改善、成長促進など。

search豆知識

何千何万もの働きバチを従えて君臨する女王バチは、なんと1日に約1500〜2000個、自分の体重とほぼ同じ重さの量の卵を毎日産み続けます。これは自然界広しと言えども驚異的なこと。この女王バチのパワーの源が彼女の一生涯唯一の食べ物である「ローヤルゼリー」です。ローヤルゼリーにはビタミンやミネラルなど、人間の健康にも欠かせない成分がたっぷり。女王バチのパワ一を知れば、ローヤルゼリー効果に期待大。実際、ローヤルゼリーの需要は年々増え続け、医薬品や食品としてだけでなく、化粧品などにも応用されています。

chevron_left一覧に戻る

ローヤルゼリー
が配合されている主なユンケル