トチュウ|疲れや風邪を引いた時の栄養ドリンク|ユンケル|佐藤製薬

ユンケル

sato

疲れや風邪を引いた時の栄養ドリンク|ユンケル > ユンケルの生薬 > トチュウ

トチュウ

トチュウ

植物性生薬

トチュウ(トチュウ科落葉高木)の樹皮

学名
EUCOMMIAE CORTEX
日本名
杜仲(トチュウ)
主な産地
中国(各省などに主産し、四川・貴州省が産量最大で品質も良い)
用途
強精、強壮
鎮痛
胃虚、腰膝の疼痛、妊婦の腰重に応用
起源
トチュウ科のトチュウの樹皮を乾燥したもの。トチュウは日本でも植物園などでは栽培される寒さに比較的強い落葉高木で、幹の高さは20m、径40cmほどにもなる。
樹皮は縦じわがあり褐色を帯びた灰白色だが、内面は滑らかで暗紫色である。また、葉は8~20cmの先の尖った楕円形で、若い木の葉には薄く毛が生えているが、成熟した木の葉は光沢がある。植物分類上1科1属1種という珍しい植物で、葉、若枝、樹皮は折ると白糸を引くのも特徴である。生薬は油気が多く潤いもあり横に折って引き伸ばすと銀色の綿糸がたくさん出るものが良品である。

出典:原色和漢薬図鑑〈保育社〉、日本薬草全書〈新日本法規出版株式会社〉、原薬要覧(1993年版)〈松浦薬業株式会社〉、原色牧野和漢薬草大図鑑〈北隆館〉

トチュウが配合されている主なユンケル


←前のページに戻る

▲トチュウ|先頭へ戻る

ユンケル公式ページ facebookTwitterでシェアFacebookでシェアGoogle+でシェア

疲れや風邪を引いた時の
栄養ドリンク|ユンケル(佐藤製薬)
TOPへ
ユンケルシリーズ製品一覧
TVCM/スペシャルムービー
「疲れ」について考える
ユンケルのこだわり/効果の理由
ユンケルを選ぶ
イチロー選手の活躍と軌跡
ユンケルの生薬
ユンケルの歴史
教えてユンケル