ユンケル

植物性生薬

動物性生薬

菌類性生薬

イカリソウ(錨草)

植物性

イカリソウ

ホザキノイカリソウまたは同属植物を乾燥したもので日本では本州の丘陵地の雑木林、四国の林間地区などに自生する。高さ30cm〜40cmの多年草で、4〜5月頃に白または紫の花をつける。中国大陸にも広く分布し、古来から中医学では、「強壮強精」のための生薬として用いられた。

学名
EPIMEDII HERBA, EPIMEDII FOLIUM
日本名
イカリソウ、淫羊霍(インヨウカク)
主な産地
中国、日本(東北以南の太平洋側)、朝鮮半島
基原
メギ科ホザキノイカリソウまたは同属植物の全草もしくは葉
用 途
強精、強壮
インポテンツ、腰膝軟弱、全身不遂、リウマチに応用

出典: 原色和漢薬図鑑〈保育社〉、日本薬草全書〈新日本法規出版株式会社〉、原薬要覧(1993年版)〈松浦薬業株式会社〉 、原色牧野和漢薬草大図鑑〈北隆館〉

起 源
メギ科のホザキノイカリソウまたはその他同属植物の全草または葉を乾燥したもの。日本では本州の丘陵地の雑木林、四国の林間地区などに自生する。高さ30cm〜40cmの多年草で、4〜5月頃に白または紫の花をつける。中国大陸にも広く分布し、古来から漢方医学では、「強壮強精」のための生薬として用いられた。
薬 効
性ホルモン分泌促進作用、知覚神経興奮作用、催淫作用、抗ウィルス・抗菌作用、鎮咳・去痰作用などが報告されている。男性の性的不能、女性の不妊、加齢による足腰の衰えや関節・筋肉の痛みやしびれなどにも効果をあらわす。漢方処方には仙芽、当帰、黄柏などと配合して、女性の月経不順や更年期の高血圧症状などを治療する「二仙湯」がある。

search豆知識

中国・明時代の薬学書『本草綱目』には、「四川に淫羊という動物がおり、1日に百回も交尾する。それは藿(イカリソウ)を食べるためであって、故に藿を淫羊藿と名付けた」と記されています。また中国では「放杖草」とも呼ばれており、放杖とは「老人も杖が不要になるほど元気になる」という意味で、これまで杖をついていた老人がイカリソウを口にするやいなや杖を放り出すくらいに元気になったとの逸話があるためです。いずれにせよ、「元気になる」期待は十分にしてよい生薬と言えます。

chevron_left一覧に戻る

イカリソウ
が配合されている主なユンケル