ユンケル

植物性生薬

動物性生薬

菌類性生薬

ジオウ(地黄)

植物性

ジオウ

日本ではゴマノハグサ科アカヤジオウの肥大根をそのまま、又は蒸してから乾燥したものを用いる。また、中国ではゴマノハグサ科カイケイジオウの肥大根を同様に加工等行ったものを用いる。アカヤジオウは、高さ30cmの多年生草本で、カイケイジオウは根の一部が肥大化する特徴がある。両方ともに特異な匂いをもち、わずかな甘みと後味にやや苦味がある。

学名
REHMANNIAE RADIX
日本名
地黄(ジオウ)
主な産地
中国(カイケイジオウ)、朝鮮半島・日本(アカヤジオウ)
基原
アカジオウ、カイケイジオウ(ゴマノハグサ科多年生草本)の根
用 途
強壮、鎮静、解熱、補血
貧血、吐血、虚弱者に応用
熱病、驚癇、心悸亢進などに応用

出典: 原色和漢薬図鑑〈保育社〉、日本薬局方 第十四改正〈じほう〉財団法人日本公定書協会編集、原色牧野和漢薬草大図鑑〈北隆館〉、日本薬草全書〈新日本法規出版株式会社〉、原薬要覧(1993年版)〈松浦薬業株式会社〉、汎用生薬便覧 平成12年10月〈日本大衆薬工業協会 生薬製品委員会生薬文献調査部会〉

起 源
朝鮮半島・日本産はゴマノハグサ科のアカヤジオウの肥大根をそのまま(乾地黄)、 又は蒸して(熟地黄)乾燥したもの。アカヤジオウは多年生草本で、根茎はオレン ジ色の肥厚した肉質(塊状〜円柱形〜紡錘形)で、薄紅紫色のラッパのような大き な花と表面にちりめん状のしわのある葉が特徴である。
中国産はゴマノハグサ科のカイケイジオウの肥大根をそのまま、又は蒸して乾燥したもの。カイケイジオウは植物の株が大きく、根茎はよく肥大している。華北地区に自生するR. glutinosa LIB.の栽培種であり、河南省懐慶に主産するので「懐慶地黄」といわれている。
乾地黄は肥大で味甘く、わずかに苦いもの、熟地黄は外面漆黒色のものが良品である。
薬 効
強壮、補血、血糖降下作用、抗血管内凝固、瀉下の緩和、皮膚血流量の増加、解熱作用など。漢方では、産後の疲労回復や冷え症などに用いる「当帰飲子」、不足した体力などを補う「十全大補湯」、老人性疾患によい「八味地黄丸」、補血に用いられる「四物湯」などに配合されている。

search豆知識

すべてのアカヤジオウの根が、地黄(ジオウ)として生薬になるのではありません。正確には、良質のものだけが活用されます。では何をもって良質とするかというと、それは重さと密度。昔は生のものを水に浸し、沈むものだけを地黄と呼んで用いていました。浮くものや浮き沈みするものは薬効が弱いとされ、「天黄」「人黄」と呼んで薬には用いられませんでした。

chevron_left一覧に戻る

ジオウ
が配合されている主なユンケル