ニンジン|疲れや風邪を引いた時の栄養ドリンク|ユンケル|佐藤製薬

ユンケル

sato

疲れや風邪を引いた時の栄養ドリンク|ユンケル > ユンケルの生薬 > ニンジン

ニンジン

ニンジン

植物性生薬

オタネニンジン(ウコギ科多年性草本)の根

学名
GINSENG RADIX
日本名
人参(ニンジン)
主な産地
日本の長野・福島・島根の各県、韓国、北朝鮮、中国
用途
強精、強壮
健胃補精
抗ストレス
性腺発育促進作用
副腎皮質機能の強化により血糖抑制、消化器運動亢進などの作用
起源
ウコギ科のオタネニンジンの細根を除いた根、またはこれを軽く湯通しして乾燥したもの。オタネニンジンは多年生草本で根茎は短く、主根は肥大して分岐する。地上部は高さ薬60cmの茎を持ち、年ごとに葉を1枚つけ数葉仮輪生する。4~6年栽培した根を秋に採取、水洗いした後の処理により生薬の名前が異なる。ヒゲ根および細い分枝根を取り陰干、陽干又は火力乾燥させた皮付人参、周皮の大部分を除去してから乾燥させた白参、周皮をとらず湯通しして仕上げた雲州人参(御種人参、雲州製、信州製)がある。生薬は商品の外観形状によって良品を決定し、1~3等、等外、虎(傷物)の5段階に分け、さらに薬100種類ほどの商品で区分される。類白色で太く、潤いがあり、重質で、味甘く後わずかに苦いものが良品である。

出典:原色和漢薬図鑑〈保育社〉、日本薬局方 第十四改正〈じほう〉財団法人日本公定書協会編集、原色牧野和漢薬草大図鑑〈北隆館〉、日本薬草全書〈新日本法規出版株式会社〉、原薬要覧(1993年版)〈松浦薬業株式会社〉、薬用ハーブの機能研究〈健康産業新聞社〉、汎用生薬便覧 平成12年10月〈日本大衆薬工業協会 生薬製品委員会生薬文献調査部会〉、世界の薬用植物IIハーブ事典〈エンタプライズ株式会社〉

ニンジンが配合されている主なユンケル


←前のページに戻る

▲ニンジン|先頭へ戻る

ユンケル公式ページ facebookTwitterでシェアFacebookでシェアGoogle+でシェア

疲れや風邪を引いた時の
栄養ドリンク|ユンケル(佐藤製薬)
TOPへ
ユンケルシリーズ製品一覧
TVCM/スペシャルムービー
「疲れ」について考える
ユンケルのこだわり/効果の理由
ユンケルを選ぶ
イチロー選手の活躍と軌跡
ユンケルの生薬
ユンケルの歴史
教えてユンケル