ユンケル

植物性生薬

動物性生薬

菌類性生薬

リュウタン(竜胆)

植物性

リュウタン(竜胆)

リンドウ科トウリンドウまたは同属植物の根及び根茎を乾燥したもの。秋期に根部を採集し、地上茎をもぎ取って水洗した後、細長い根を揃えて乾燥する。淡黄褐色でヒゲ根の多い大株のものが良品である。

学名
GENTIANAE SCABRAE RADIX
日本名
タンソウ(胆草)
主な産地
中国(黒竜江、吉林、遼寧、内蒙古)
基原
リンドウ科トウリンドウまたは同属植物の根及び根茎
用 途
健胃、整腸作用があり、消化不良などに応用

出典: 原薬要覧(1993年版)〈松浦薬業株式会社〉、原色牧野和漢薬草大図鑑〈北隆館〉、新訂生薬学(南江堂)、漢方のくすりの事典(医歯薬出版株式会社)

薬 効
苦味健胃、胃液分泌、整腸、抗炎症作用があり、消化器の炎症、尿道炎、リウマチなどに応用する。

chevron_left一覧に戻る

リュウタン
が配合されている主なユンケル